ホーム  >  新着情報  >  記事一覧

新着情報新着情報

信和ゴルフスポーツニッポンで連載中!「田中秀道プロのビルドUPレッスン」第3回目が掲載されました

(2016年04月21日)

田中秀道プロスポーツニッポンで毎週木曜日連載の紙面レッスン「田中秀道プロのビルドUPレッスン」の第3回目が4月21日付に掲載されました。


第3回目のテーマは「パー5のホールでバーディーが狙いやすくなるセカンドショットの打ち方」です。田中秀道プロは「3打目の距離をどれだけ残すかがポイント。単にグリーンに近づけるという考えでなくバーディー奪取の確率をあげましょう」と、その方法を紹介しています。


▼「バーディーが狙いやすくなるセカンドショットの打ち方」を紙面でみる

http://www.shinwagolf.co.jp/media/

▼「
バーディーが狙いやすくなるセカンドショットの打ち方」を動画でみる

https://www.youtube.com/watch?v=mJ52RIiFETQ


▼取材撮影風景(フォトギャラリー)をみる

http://www.shigacc.jp/gallery201603/index2.html

信和ゴルフスポーツニッポンで連載中!「田中秀道プロのビルドUPレッスン」第2回目が掲載されました

(2016年04月14日)

田中秀道プロのビルドUPレッスンスポーツニッポンで4月7日から連載がスタートした紙面レッスン「田中秀道プロのビルドUPレッスン」の第2回目が4月14日付に掲載されました。

今回のテーマは「パー5のホールでティーショットを打つときの注意点」。

紙面では実際に田中秀道プロが、滋賀カントリー倶楽部の12番パー5でティーショットを披露し、「距離があるからといって、むやみにクラブを振り回さず、ボールの落としどころをしっかりと確認することが大切だ」と語っています。田中秀道プロが伝授する「パー5でティーショットを打つときの極意」とは…?

▼「パー5のティーショットを打つときの注意点」を紙面でみる

http://www.shinwagolf.co.jp/media/


▼「パー5のティーショットを打つときの注意点」を動画でみる

https://www.youtube.com/watch?v=03DKQAEK5LM




▼取材撮影風景(フォトギャラリー)をみる

http://www.shigacc.jp/gallery201603/index2.html

信和ゴルフスポーツニッポンで田中秀道プロ(信和ゴルフ所属)の「ビルドUPレッスン」がスタート

(2016年04月07日)

スポーツニッポンで連載スタート!

田中秀道プロ(信和ゴルフ所属)が、スポーツニッポンの取材撮影で滋賀カントリー倶楽部に来場した模様を3月29日にお届けしましたが、その取材をもとに制作された紙面レッスン「田中秀道ビルドUPレッスン」が4月7日からいよいよスタートしました。このレッスンは毎週木曜日、5月末まで連載されます。

第1回目のテーマは「ティーショットの左への引っ掛け解消法」。アマチュアゴルファーが陥りやすい悩みに、田中秀道プロは「アドレスに入る前に、いいスイングを一度行うよりも、連続素振りで体が勝手に動く状態をつくったほうが、いい結果に繋がる。」と、「秀道流」の解消法を紹介しています。

▼「第1回ティーショットの左への引っ掛け解消法」を紙面でみる

http://www.shinwagolf.co.jp/media/

▼「第1回ティーショットの左への引っ掛け解消法」を動画でみる

https://www.youtube.com/watch?v=rfycBuX2mr8




▼取材撮影風景(フォトギャラリー)をみる

http://www.shigacc.jp/gallery201603/index2.html

滋 賀田中秀道プロが来場!ワングリーン改造後の滋賀カントリー倶楽部を初ラウンド

(2016年03月29日)




















信和ゴルフ所属の田中秀道プロが3月15日、スポーツニッポンで4月からスタートする誌面レッスンの取材撮影と、

自身のゴルフの調整で滋賀カントリー倶楽部に来場しました。


田中秀道プロが滋賀カントリー倶楽部をプレーするのは、ワングリーン改造後、今回がはじめて。

撮影はインコースを使用して行われ、さまざまなライやシチュエーションでアマチュアが陥りやすいミスについて、

その原因と克服法を、リズムと歯切れの良い「秀道節」でわかりやすく解説。

また、解説後にはデモンストレーションでショットを披露し、宣言通りのナイスショットを連発していました。


プレー後には、「グリーンコンディションが良く見た目以上にスピードが速い。

コースは雄大な景観ながらもワングリーンで攻め応えがある。」と、世界のゴルフ場を知る田中秀道プロも

滋賀カントリー倶楽部のグリーンコンディション、景観、戦略性にご満悦の様子でした。


▼フォトギャラリーをみる
http://www.shigacc.jp/gallery201603/index2.html

▼田中秀道プロフィールをみる
http://www.shinwagolf.co.jp/pro/

ゴールデン週刊ゴルフダイジェストの「コースレートの高い超難関コース特集」で紹介されました

(2016年03月29日)

週刊ゴルフダイジェスト

ゴールデンバレーゴルフ倶楽部が週刊ゴルフダイジェスト4月12日号(3月29日発売)の「ゴルフが深まる、ゴルフが広がる、日本をまわろう」の「コースレートの高い超難関コース」特集に掲載されました。


2014年に国内男子メジャー「第82回日本プロゴルフ選手権大会」の舞台となった同倶楽部ですが、誌面の中でも「ロバート・トレント・ジョーンズJr.が、世界的なトーナメントが開催できるコースをコンセプトに設計していることだけあって、名だたるトッププロでさえも脅威を感じた難コース。単なる戦略性の高さだけでなく、池や風などすべての自然要素が計算されていることで、ゴルフ本来の楽しさを感じることができる。」と紹介されています。

「コースレートの高い超難関コース特集」掲載記事をみる
http://www.shinwagolf.co.jp/media/

≪前のページへ | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 次のページへ≫